BLOG

  • -
  • TOP
  • -
  • EX BLOG
  • -

HAPPY NEW YEAR | 20080108

皆様、新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします!! 2008年は皆様の心を飽きさせない新しい企画盛りだくさんでお贈りしたいと思います。 SUNBEAMらしく、技術介入が必要な機能系パーツをメインに全ての輸入車ユーザーの皆様に素敵なカーライフのお手伝いをさせていただけたらと思います!! 今年もキラキラと輝く一年にしたいと思いますので、皆様よろしくお願いします!! ロールスロイスファントム ダイヤがキラーン☆

SUNBEAM×Aragosta E92M3 | 20080110

今日丸一日、チーフは92M3デモカー1号車と一日中ずっとダンパーに付きっきりでセッティング及び仕様変更を行っていました。 このE92M3に装着されたいるのはAragostaのSUNBEAM別注3WAYサブタンクモデル。 散々チーフが3WAYのセッティングの奥ゆかしさにはふれていると思いますが、 ダンパーはダイヤルで調整すれば必ずしもセッティングが決まるとは限りません。 ましてや、3WAYともなれば当然ダイヤルは3つ。 前後左右同じクリック数で合わせたとしても何百通り、前後違うクリック数になるのは必然で、 そうともなると計算しきれないほどの組み合わせになります。 そこに追い討ちをかけて、スプリングレートの組み合わせが入ってくるわけですから。。。 とりあえずわかんないから全部のダイヤル最強だ!!なんてのが一番ラクチンな妥協の仕方。 それじゃぁ宝の持ち腐れ、この言葉もチーフが百万回BLOGで語っています。 そもそも最弱~最強まで各々どんな減衰力グラフで立ち上がっているのか、どんな味付けなのか、 良いも悪いもこればかりは100%組み手のセンスです。 ダイヤル回すだけなら丸一日もかかりません。TOLINEのT君とあーでもない!!こーでもない!!とやっていた詳細は。。。 出来上がったダンパーを装着してからが一番大変なんですよね。 用途やスタイリングに車の仕様によっても大きく変えなくてはいけないんですから。 この92M3の一連の作業工程を見ていたら、Aragostaも決して高いダンパーではないのかなと再確認する一日でした。 でもまだまだデモカー1号車のセッティングは続く!! そろそろ1号車も形になってきていて、きづいたらキメキメになっていて、思わずうっとり。 1号車のステージはストリート~サーキット。 この車輌の真価が問われるのはタイムであったりします。 その模様はチーフが随時お伝えします!? 1号車~3号車まで、SUNBEAMらしいチューニングをしていく予定です!! ビームのM3カスタマイズ計画はまだまだまだまだまだまだまだ続く!!

E92 M3 HAMANN  | 20080118

待ちに待ちまくったこのパーツがとうとう入荷!! 装着するのはもちろん92M3!! このリップスポイラー、ただでさえ低い1号車の鼻先を下げるだけでなく、 センター部分がオーバーハングしているもんだから、車高によっては、擦るなってのも無茶かもしれないですね。 がしかし、意外に大丈夫だよってのをお客様は望んでいるかと思いますので、 1号車(サーキット仕様)の車で装着後、地上高レポートさせていただきます!! 92M3の場合、バンパーにフォグライトなどの灯火類がついていないので、この部分がどんだけ低くても車検には問題ないんですよ。 ということで行け行けGO!!GO!!

WHEEL CUSTOM | 20080118

WHEELは車のキャラクターを決定する大きな部品です。 そして、お客様一人一人のこだわりが大きく出る部品でもあります。 そこで、ココに二種類のWHEELのphotoをUPさせていただきます。 一つはBBS-RE DSK-P18inch このWHEEL、いちいち目を凝らして見なくても分かる傷があります。 人間ですからそりゃぁゴリッとやっちゃう時だってあります。 そして、こちらは新品のシュミーデン indivi ハーパーブラック20inch このWHEELは軽さと精度を武器にグイグイと数を伸ばしているWHEELです。 センターボア付近のデザインは生唾(ナマツバ)物です。 この二種類のWHEEL、お客様のリクエストによりガラッとイメチェンを迎えるわけです。 あまり意外性のあることではないのですが、きちんとやるとここまで出来るのかと、 次次次回くらいにはAFTERのphotoをさせていただきます!! そして昨日のチーフのエントリーでは、ご覧いただいた皆様の誤解を招くようなことがあったかもしれません、ここで私からもお詫び申し上げます チーフはAragostaを含めダンパー製作のことになるとついつい人一倍熱くなってしまう人間の一人です。 それもそのはず、輸入車用としてAragostaがスタートする以前?からこのダンパーを弄り倒し、 今よりまだBMWへの装着が格段と少量のなかで過去十数年にも上る間、テストテストテストを繰り返し、自身の車では自らの手足のごとく操り、時間と体力を使い、詰めてきたダンパーであるからです。 このダンパーを装着していただくお客様へチーフ自身のこだわりと熱を伝えるためのエントリーだったと僕は理解しております。 今後これを踏まえた上で皆様にご理解頂き、SUNBEAM SPLのAragostaに興味を持っていただけたらと思います。 ただいまE92-M3につきましては、もの凄くテマヒマかけセッティングしている真っ最中であります。 完成を迎えた暁には、自信をもって皆様におすすめできるダンパーになっていますので、お楽しみにお待ちください!!

M3×RAYS WHEEL TE37 RE30 CE28 | 20080122

M3には、レーシングデザインのWHEELが似合います。 SUNBEAMではBBS WHEELのご紹介は嫌になるほどしていますが、 実は、BBSに負けず劣らずRAYS製のWHEELを指名していただくお客様が数多くいらっしゃいます。 SUNBEAMでは、このRAYS WHEELをBLACK-EDITIONでご用意させていただいており、オリジナルマフラーのBLACK-MOREと合わせてバツグンのマッチングを演出!! photoをUP!! この車輌はRE30を装着、テールにはもちろんコレ!! バンパーとの一体感を重んじたデザインで、この角度から見るとわれながらうっとり。。。 そしてBLOG用の写真を撮影後、PITに戻ると、 今度はTE37verのM3. 嬉しいことにこの車輌もBLACK-MOREを装着していただいています。 SUNBEAM-EXがハードプッシュのこのスタイリング、コレだ!!とご指名いただくお客様がいらっしゃることに感謝感謝。 そろそろ、EXらしさってモノが表現でき始めたのかもしれません。 そんなこんなしているうちに今度は、 そして、 ご覧の通りです。 キメキメです!! M3×RAYSは鉄板です!! そしてE46だけでなくE92にも是非!! E92M3デモカー1号車はCE28 BLACK-EDITIONを装着!! E92M3も大量にマッチング取って行きますよ!! 最後に、このパーツ。 ブラックアウトのシメにどうぞ!! 近々、M3×BBSにもクローズアップしますので、お楽しみに!! あっ、E36も!!

E60M5 WHITE Hoo!! | 20080123

マイナー前のE60ホワイトマーカーのphotoです。 マイナー後のE60と比べて‥ あれれ。。。 写真を撮り忘れているではありませんか。。。 SUNBEAMでもLED商品お取り扱いしてますよ告知から、 皆様ご購入いただきましてありがとうございます。 ハードな部品ばかり取り扱ってると思いきや、 PHILIPS、PIAA、BREX,BELOFと各種お取り扱いしています。 お気軽にどうぞ!! Special thanks Mr,O

E60M5 WHITE Yes!! Group-M BRAKE LINE SYSTEM | 20080124

本日のエントリーの内容もE60M5. 今日はE60用のGroup-M BRAKE LINE SYSTEMの装着。 こちらはE60M5も共通設定で装着できます。 箱を開けるとマズはご丁寧なパッケージにニヤリ。 商品の質の高さが伺えます。 肝心のホース本体はといいますと、一切の非の打ち所のない完成度!! フィッティングから、ブラケットへの取り付けゴムの位置、ホースガードのラバーの長さ、位置。 一級品でした!! いざ取り付けをしてみると分かるんですが、これって社外ですか?っというほどスムーズに取り付けが行え、取り付け後、純正のホースと位置、取り回しを比較してもバッチリ!! 装着後、試乗を行いましたが、肝心のブレーキパッドがサーキットで温度域を超え 炭化していたためBESTなタッチにはなりませんでしたが、かなりパフォーマンスは一歩前進といったところでしょうか。それでもタッチはよくなりました!! パッドを変えて踏みなおしてみたいところです。 今回装着させていただいた車輌 M5にもRAYS TE37はいい感じ!! BMWの白いボディーには白いWHEELがよく似合います!! そしてオートサロンで注目を浴びたあのエリクソンのチタンマフラーを装着しています!! 本日は更なるエリクソンパーツをご注文いただきました!! お取り付けは来月末予定です、お楽しみに!!

E60M5 GET BLACK!! Schmieden Custom Black!! | 20080129

60M5のエントリー続きです。 先日のエントリーにあったこのWHEEL メーカーの限定モデルでマットブラックというカラーがあったのはまだ記憶に新しいですよね。 今からオーダーをかけても当然ながら限定色は出荷してはもらえません。 っということで、E92M3のCE28でもカスタムしたあの施工 粉黛塗装のマッドブラック、ワンコートバージョン!! 男っ気ムンムンになりました!! いやっ、City派!! そもそもワンコートとはどういうことなのか、 簡単に言うと、塗膜を薄く仕上げWHEELの素地のシャープなデザインを最大限生かすというもの。 これには素地の仕上げがモノをいい、素地(無垢の状態)の表面をどれだけキレイに仕上げて製造されているのかが勝負です。 もし多少の凹凸があったとしてもある程度はアフターで処理できてしまいます。 またはツーコートで塗膜を厚くし見えなくさせることも出来ます。 ただこの場合、WHEELのdetailはポッテリとした印象に。 賛否両論ですが、どちらもそれぞれの完成で選んでいただければと思います。 そして、 ブラックコーディネートの仕上げにどうぞ!! 今回もノーマルホイルは提携買取店の方に来てもらいその場で現金化!! 買い取り金額の目安は事前に大体は分かるように確認可能です。 NEW WHEELご検討の方、追金がいくらなのか、そんなお見積もりも可能です!! 是非!!