BLOG

  • -
  • TOP
  • -
  • EX BLOG
  • -

本日より開始します!! | 20070904

sunbeam_logo.jpg

8.15のエントリーから少し時間がかかってしまいまして、不定期ではありますが本日よりEX BLOGをペースアップして更新させていただきたいと思います。

さて9月に入りまして、SUNBEAMでは、スタッフ全員で通常営業に加え、コソコソ進めているPROJECTの準備などで、せわしく動き回っています。

今日現在までの進行中のPROJECTはといいますと、まずSUNBEAMオープン以来、初のイベント参加となります、BMW Familie初出展決定!!
image12.jpg

しかも、ただの出展だけではありません、オープン以来SUNBEAMのキャラクターを決める大きな要素となっておりますAragostaで、協力をいただいておりますTOPLINE PRODUCTSさんとの共同出展となります!!

出展にむけて、着々と準備を進めていますが、ココではまだ公開できないあんなことやこんなことをたくさん仕込んで、ご来場いただくお客様の心をグッと、ギュッとつかむブランニューPROJECTを仕込んでおります!!内容の公開まで楽しみにお待ちください!!

そしてNEWX5 E70-EXや、デリバリーが待ち遠しいNEW M3の???も、出遅れないようにきちんと進行しております。

EX BLOGをはじめ、SUNBEAM OfficialSiteでも徐々にお知らせさせていただきますのでご期待ください。

ニューカマー | 20070905

昨日よりきちんと始まりましたEX BLOGですが、このBLOGシステム、意外に更新が楽しいんです。 エントリーも同じサーバー内にあるのでキレイにレイアウトされてるし、 EXのテーマカラーのライトセーバーブルー(今命名)で超キマってるんだ。 このサイトを創り上げてくれている複数のクリエーターへのお礼のメッセージは後にきちんと更新させていただきます。 ありがとうございます!! タイトルにありますニューカマーですが、まだサイトには更新されていませんが、 EX MODELにE70-EXの登場です!! つい昨日、このMODELのキャラクターを決める大きなポイントとなるパーツのフィッティングをしていました。 まだMODEL全体のディテールがありませんので、部分的にチラッとUP。 DSC02031s.JPG リムだけで思いっきりバレバレですが、E70にもバッチリマッチして超キマってます!! ボディーカラーもチラッとスペーシーなお色が見えていますが、このカラーにバッチリな下回りになりますので、僕自身もワクワクしています。 今月末までにはE70らしくドシッとしたEX MODELが更新できると思います。 E70でスタイルアップをご検討の方いらっしゃいましたら、まだ発車せず、今しばらくお待ちください。 あ。あと、同時に進行していますEX-PARTSのNEW PROJECTも昨日E63-EXをTOPLINEさんにお預けして、製作が始まりました!! このEX-PARTSはE63だけでなく、様々な車種に柔軟に対応できるものとなっておりますので、全ての輸入車オーナーの皆様ご期待ください!!

SPECIAL THANKS | 20070906

EX-WEB SITEを創り上げてくれているクリエーターは、EXのロゴやページ全体、バナーなどをデザインしてくれているデザイナーさんと、システムを組んでくれたり、ページ全体をコーディングしてくれているエンジニアさんの二人がいます。 このEXサイトがココまでカッコつけられたのは他でもなく、このお二人のお力のおかげです。 お二人のお仕事っぷりはどれを見てもイチイチ超カッコいいんだ。 このデザイナーさんのメインステージ、実はファッション業界。 WEBを見ていただいたら分かると思いますが、この方アーティストとして世界の一流ブランドから、都会のヤングに人気のストリートブランドにまで携わっています。 車屋としてこの方に仕事を引き受けていただけることに本当に感謝しています。 SUNBEAMは、ここTOKYOを拠点としていますが、TOKYOで活躍しているアーティストのお力添えを頂き、TOKYOらしいCITY派な部分を表現できたらと思います。 web.JPG そしてそして、このEX BLOGをはじめ、全てのページにわたり、僕の理想よりも遥かに上を行く仕上がりを与えてくれる、51graphicsさんの技も超カッコいいんだ。 EX-PARTSやEX-MODELのページなどで使われている、イメージの立ち上がり方(AJAX)もこの方の提案で採用されているんだけど、ライトセーバーブルー(呼び名完全に決定)の使い方や、サムネイルの配置、大きさ、全てにおいて、僕の浅はかな提案を上回る51graphicsさんの提案がすべて形になっています。 このBLOGシステムにおいては、デザイナーさんがデザインしたEXのページ全体の絵ズラを壊すことなくクールにUPできるようになっているし、CP音痴の僕でも更新がさくさく出来てしまう。 そして何より、お二人とも、ものすごく親身になってこのWEB SITEを創ってくれている。 お二人とも、このWEB SITEがご自身の作品になる以上、手抜き無しの本物にしてくれているんだ。 だから当然僕らもお二人が与えて下さったこのWEB SITEを責任を持って充実させ、見ていただいている皆様にとって、どのような形でもお役に立てるものにしていきたいとおもいます!! このページを見ていただいている方を含め皆さん超ありがとうございます!!

BLACK-MORE for AUDI | 20070907

AUDI A4 AVANT2.0TBLACK-MOREのオーダーを頂いたんだ。 BLACK-MOREは今のところセミオーダーという様な製作が多いんですが、少々車輌をお預かりする代わりに、 フィニッシュエンドの取り付け位置や、デザイン、可能な限りの音質などに、 オーナーのこだわりを追加することが出来るんだ。 今回は現行のAUDI A4 DSC01985.JPG ノーマルはおよそ80φのシングルストレートの両サイド2本出し。 リクエストいただいたのは4本出しのクールなヤツ。 ノーマルのディフューザーのままでは到底4本はインストールできないので、S4用のディフューザーを装着したんだ。 通常、S-lineのバンパーであれば、S4のディフューザーとの互換性もバッチリOK。 ただし、材質は共通ですが、カラーが「プラチナシルバー」というグレーに近いマットな仕上がりの物になるので、黒なり同色なりの塗装をするほうがいいかもしれない。 そしてフィニッシュエンド。 今回はオーナー様がメガホンタイプ76φのストレートでだいぶお悩みになっていたのですが、ディフューザーの切りカキのサイズや全体のディテールに合わせ、76φのストレートを選択いただきました。 DSC01642s.JPG a4df.JPG 左が76φストレート、右が90φメガホン。 仕上がりは来週予定となっているので、あがり次第完成の絵をUPさせていただきます!! ちなみに塗っていないシルバーのままだとこんな感じです。 DSC02006.JPG コレにブラックのフィニッシュエンドがくれば、白と灰と黒で中和されるような気もします。 後から外すのは安易なのでとりあえずこのまま製作して装着!!

GET!! DOWN NEW X5 | 20070908

E70-EXは今日、理想的なローフォルムを手に入れたんだ。 E70のデリバリーが始まり、NEW X5はどこのお店でもトピックスに上がっている。 SUNBEAM-EXでも乗り遅れてはイカンイカンとのことでハイスピードでE70-EXを製作しているんだ。 まずはSUNBEAMのお得意の足周りから。 とはいっても、まだE70用設定されている部品がほとんど見当たらない。 そこでラインナップの早いH&Rにスプリオングを問いあわせてみたら、もうすでにスタンダードバージョンロワーバージョンが設定されていたんだ。 STDが30mmダウンに対しLOWは45mmダウンだという。 おまけに国内初出荷のパーツらしく、ダウン幅が正確かどうかが分からないので報告をとの事。SUNBEAM一番乗り。 しかも6cylと8cylが共通の部品という事なので、6cylのEX-MODELは迷わずLOW,Verを選択。 ベッタリ下がりすぎより、ほとんど下がらなかったらガックシだから。 まずは身をもってテストテスト。 先代のX5同様、国内生産のショートストロークのダンパーがすぐに製作されるだろうという願いをかけ、今日施工してみたんだ。 まずはノーマル DSC02043s.JPGDSC02034s.JPG DSC02037s.JPGDSC02036s.JPG DSC02048s.JPGDSC02038s.JPG DSC02041s.JPGDSC02040s.JPG ノーマルといっても純正オプションのエアロパーツとリアクォーターのオーバーフェンダーキットは納車時から装着済みなんだ。 先代4.8isのにも少し似たこのエアロパーツは、E70にバツグンのマッチング。 スタイリング良し!!純正なのでフィッティング文句なし!! EXではこのエアロキットをお勧めします!! フェンダーにもガンガンゆとりがあるので、E70用に設定されるであろうホイルはまず間違いなく収まるんだ。 そして前後とも隙間の気になるタイヤとフェンダーのクリアランスは下げ応え充分だ。 早速タイヤを外し足回りを確認、先代のX5からは大きな変更もなさそうだったので、すぐに分解し交換!! スプリングをショックから分解し、H&Rのそれと比較してみた。 DSC02059s.JPG 僕らは下がるか下がんないかは大体見れば分かるけど、コレは下がると一目瞭然。 そして施工後 DSC02065s.JPGDSC02071s.jpg DSC02068s.JPGDSC02070s.JPG DSC02076s.JPGDSC02075s.jpg いかがだろうか?SUNBEAM的にはショックのストロークを考えなければ見た目理想的なローフォルムと考えます。 ノーマルストロークのダンパーにローダウンスプリングを装着しましたが、 ダンパーにはいつもの〇〇加工を施し少しでもストーロークを確保するようにしているんだ。 そして実はフロントのスプリングを交換する前に、リアのエアサスのハイトを40mm下げていたんだ。 だからフロントのダウン量には内心かなりドキドキだったんだけどフロントのダウン幅40mmには乗り降りもしやすくなったし◎。 アームの動きもこの車高であればまだスムーズに動くし、当然ショートストロークのダンパーもラインナップされるのは間違いないので、それまで、8cylの方もSTD,Verがご希望の方も待てない方は急いでSUNBEAMまでどうぞ。 H&R御中 フロントのダウン幅に関しては、リアのハイトはテスターに繋ぎ任意に行えるので今回の40mmダウンとは限らない、よって前後の重量配分はバランスによって移行するので、フロントは40mmジャストとなるとは限らない。6cyl、LOW,Verの場合です。 リアが下がったせいで、キャンバーがつき、より一層ホイルのオフセットが気になります。 レバー比を考えなければイッパイイッパイまでパツンパツンに張り出したいところですが‥ 先日のマッチングによりオーダーを入れたあのホイルが来るのは、そう遠くありません。 到着したらその日に装着後即UP!!

BLACK-MORE for E46-M3 | 20070911

約3週間の期間を経て、今日、E46M3専用BLACK-MOREが完成したんだ。 前からあるじゃん!!って方もいらっしゃると思いますが、今まではイージーオーダーという形態でオーダーいただいておりましたが、 ARQRAYさんのご協力を頂き、専用ジ具(誤字の恐れからカナを採用)を製作しました!! コレには少し時間がかかってしまいましたが、先日のAUDIを入庫した際、進行具合はどうなっているのかな?と確認させていただきましたが、しっかりしっかり進行していただいておりました。 BLACK-MOREのメガホン用に製作していただきました。 コレにより通信販売はもちろん、現車をお預かりしなくても装着できることが可能になり、納期も大幅に短縮することが出来ます。 それでも、取り付け位置や音量など、どうしてもこだわりたいところがあるお客様は特注にてオーダーも受け付けておりますので、お問い合わせください。 このマフラー、このWEBをはじめ、数々の雑誌様などに掲載していただいてますが、 いかんせカメラマン泣かせな仕上がりでありまして、光の加減や、周りの背景などにもよって、表情が極端に変わるため、どの写真を見ても違うカラーに見えるんです。 本日もEX-BLOGのヘッポコカメラマンの僕が、時間を変え、照明を変え、角度を変え、いろんな写真を撮って見ましたが、相変わらずどれも写り方が違うんです。 でも、コレがこのBLACK-MOREのいいところだったりして、 ある時はシャープにクールにカッキーン!!。って感じで。 またある時はへービーにダークに、ドッシーン!!って感じで。 いい加減な表現で伝わりにくいと思いますが。。。とにかく見れば見るほど特徴的な仕上がりなので、ぜひご来店されてご確認ください。 それと肝心なサウンドですが、「もの凄く乾いた」心地よい「超高音質」となっており、 メガホンのフィニッシュエンドを使用しているため、音の拡張性もバツグンです!! サウンドに関してもSUNBEAMのDEMO-CARのE46-M3に装着されていますのでご来店されてご自身のお耳でお確かめください。 SUNBEAM-EXでは自信を持ってこのサウンドとこの仕上がりをお勧めさせていただきます!! そのうちオール地デジの時代になるまでにはサウンドファイルを再生できるようなシステムになればいいですよね!! EX-BLOGでは関連写真の数を多く掲載させていただこうかと思っているのですが、 今日のエントリーでは使いづらかった写真を強引にUP!!

MADE IN USA | 20070912

SUNBEAM-BLOGの方でもなにやらUSAネタに近いことを書いてありますが、 車はやっぱりヨーロッパに限る!!なんて人も、小物や雑貨、ファッションなどは、やっぱUSA!! なんて人もいるはず。 僕も実際その一人で、バイクや小物、ファッションなどはUSA!! チーフがハーレー購入の崖っぷちにいるのとは対極に、先々週くらいの事でしょうか、僕は第二の愛車のMADE IN USAのハーレーとお別れをしたばかりでして。。。 これまたいいバイクだったんです。 こっちもハーレーネタか!!と思わずに。 バイクの話は興味無い!!なんて人もいると思いますが、そんな人も意外に目を引く面白いパーツが僕のバイクに装着していたのでご紹介を。 その名も『ハイパーチャージャー』!! キャブのエアクリーナーなんですが、この形、ゾクッと来ません? 60S 70Sの方には結構響くデザインで、これぞUSA!!なフォルム!! そしておまけに、赤い〇をしたところに、負圧で動くアクチュエーターがついていまして、 アクセルの開度に合わせて負圧でバタフライがパタパタと動くギミック付き!! しかもボディーカラーに合わせてパネルの色が純正色の中から選べたりして、全部がいやらしいんです。 こんなパーツを車でも開発したら面白いなぁなんて一人でずっと考えていたんですが、エンジンルームはどうせ乗ってたら見えないし、他にこのアイディアを生かせたらなぁなんて思います。 そのうちこのチャージャーをヒントにいい部品を開発できたらと思います。 僕のMADE IN USAはコレだけじゃなくて、キーホルダーなんかもUSAです。 車のキーホルダーにはクロムハーツとティファニーを抱き合わせているんですが、 印象の違うこの2つのブランドも実は共通点があり、創業は共にUSA。 ルーツはNYCにあるんです。 僕的にはUSAといえばNYCなんですが、実は未だ未踏の地でありまして。。。 20代最後の年には一度行ってみたいと思います。 そして、家のカギにはsnap-on!! 家に帰るまでが仕事なので、メカニック的には一日の締めにも最後はsnap-onということで。 製造工程は以下 それと、USAのNETで見つけた、興味深い一枚 img2.jpg 997TURBO-EXなんて製作した覚えが無いんですが。。。かなりキマって見えます。 マフラーのフィニッシュエンドはつや消しのブラックなんですが、全体のディテールが見てみたくなります。 USAもあなどれませんね。カッコいい物もいっぱいありますよね。 皆さんはUSA物とヨーロッパ物どちらを多く持っていますか? 僕はヨーロッパの車の中がUSAの小物であふれているハーフ&ハーフの変わり者ですw SUNBEAMのメカニックが二人して車外のネタで失礼しました。

BLUE? or BLACK? | 20070914

本日、E46-M3にTE-37 BLACK EDITIONを装着。 このWHEELはEX SITEがオープンして以来、ご来店頂くお客様の注目を集めているパーツの一つです。 先日、ロッドで入荷したこのWHEELも御好評頂き本日完売!!誠にありがとうございます。 もちろん在庫がOUTになる前に、追加オーダーはいれてありますのでご安心ください。 そして、今日のトピックですが、タイトル通り、青か黒かの選択ですが、 何が青か黒かと申しますと、比較ください。 答えはディスクに貼ってあるステッカーの色とエアバルブの色。 不覚にも、BLUEの方に青いバルブを付け忘れたのは僕のミスです。 参考までに ご覧の方はどちらがお好みでしょうか? 挿しのBLUEか、GOTHのイメージのBLACK。 WHEEL本体のカラー、ステッカーなどのカラー、そしてお車のカラー、どの組み合わせでも相性バツグンで悩みますよね。。。 今回のBLACKは特注の特注でしたが、すでにBLUEで装着されているお客様を含め、 変更もこころよくお受けいたしますので、スタッフまでお問い合わせください。 本日は、たまたま同じE46-M3のお客様が違うカラーでTE37を装着されていたので、同時にUP!! おまけにこちらもUP!! BLACK-MOREとの相性も悪いわけなく、双方あわせて、ビーム(SUNBEAM)では最近新定番になりつつあるアイテムです。 おすすめですっ!!BLACK-MOREと合わせて是非!!

GET BLACK!! AUDI A4 | 20070915

先日のエントリーから一週間強、本日、とうとう完成しました!! AUDI A4 BLACK-MORE こうなる前はこうです。 そして このフィニッシュエンドの独特の輝きについては説明は、もういらないですよね!! 今回は76φのストレートを使用しましたが、コレもまたCOOL!! 最近では、ポルシェ997GT3の純正マフラーもつや消しでブラックアウトされていますが、 ソレに勝るとも劣らないナイスマッチングです!! そして、今回のサウンドの仕上がりは、アイドリングはいたって静かであり、そしてアクセルペダルを床まで踏んだときには、カッコーン!!と抜けるような気持ちいいサウンドに仕上がっています。 この車はトルコンのATですが、ハーフスロットルの2~3千回転のときはいたってジェントルなサウンドで、室内にも嫌なコモリ音などは一切無く、あくまで踏みたいなって時だけ、気持ちのいいスポーツサウンドとなるわけです。 決してサウンドを調整するバルブなどは付いておりませんが、おそらく過給機が関係していると思いますが、何より、僕たちのリクエストを職人ARQRAYさんが気合の入った仕事で形にしてくれたんだと思います。 いつも、この寄り気味なアングルでとる写真は、何をお伝えしたいかと言いますと、 走行中、後ろを走行中の車からはこんな感じで見えていますよ的なアングルなんです。 ドレスアップやカスタマイズの醍醐味って、自分が見て、聞いて、の判断もありますが、 周りからの視線、またはどう見られているか?どう聞こえるか?結構気になったりしますよね。 このアングルの写真、お役に立ててるか分かりませんが、しばらく続けていこうと思います。 今回は、S4のディフューザーの汎用に始まり、76φのフィニッシュエンドの選択、サウンド、そして、輪止めを気にせず、車庫入れが出来るレイアウトにいたるまで、僕的にはパーフェクトな仕上がりになったと思います!! オーナーさんにも喜んでいただきまして、ホントに僕も大満足なEX(exhaust)になりました!! おすすめですっ!!

E70-EXの忘れ物 | 20070919

ついついUPをし忘れてしまいましたが、最近のHID標準装備車の定番中の定番。 最近では、D2S規格に加えて、D1S規格の物が増えてきましたが、E70-EXには、納車日その日に PHILIPSの6000KD1Sを装着。 『新しい車を買ったら量販店でまずはバルブ交換しよ』なんて方、結構いらっしゃいますが、 いやいやSUNBEAにもちゃんと各種ご用意してます!! 是非!! そして、最近のイカリングのバルブ、H8対応のバルブはもうしばらくで完成しますので、もう少々お待ちください。

This is LM!! | 20070919

Yes!!Yes!!Yes!! そう、コレがBBS-LMです!! 後継モデルのLM-Rが発売されてからも、ちゃっかり昔からBBS認定ショップのSUNBEAMでは、根強くユーザーにご愛好いただいていまして、特に最近BBSが火を噴いています!! まずはコレ!! 20Inchのこのサイズが許された、ディープリム!! ダイアカットの美しい輝きに加えて、ディスクはDSK-Pでよりキラッキラに!! LM自体、レーシーな匂いがプンプンしているWHEELですが、このキラッキラにより、一層高級感漂うWHEELに!! そしてフロント!! フロントに使用するサイズですらこのフェイスです!! もう今日のエントリーに『!!』使いすぎです!! でもそれだけ『!!』なWHEELなんです!! 肝心な装着される車輌はと言いますと。。。 皆さん、タイヤサイズで分かりますか? 今回、使用するタイヤはコレ。 Yes!! TOYOさんの『PROXES T1-R』の登場です!! 実はこのタイヤ、欧州車のコンフォートユーザーさんにこっそり支持を受け、口コミでメキメキと販売本数を伸ばしているんタイヤなんです。 今回も、ご購入いただいたユーザーさまが口コミでご興味を持ち、是非!!って事で装着。 パターンを見れば分かりますが、静粛性もよく、雨にも負けずのタイヤです。 加えて、コレは現場の作業したメカのみぞ知る感覚ですが、大概のタイヤはホイルに組み込んでいる最中にコレ乗り心地いいなとか分かったりするんです。 インプレの詳細は、このユーザーさんのご意見を反映させていただいてUPさせていただきます。 参考までに285/25/20のサイドウォールはこんな感じ。 よりインプレが早く聞きたくなりますよねw そして、このタイヤを組み込んだ写真がコレ!! っまぶしいっ!! コレ言葉はいりませんよね!! コレ見たら車を持ってない人でもカッコイイ欲しい!!ってなっちゃうんじゃないでしょうか?w 芸術品です。 こんなカッコイイWHEEL、一生守って行きたいですよね、『リム』 ちなみにリムの露出具合はコレ!! 見た目とてもキレイで美しいし、素直にまん丸に回るし、とっても硬くてバランスの取れた、いいコなので傷つけないように、大事にお付き合いください。 本日、22『!!』でした。 まだまだLMネタはたくさんあります。 今回のWHEELも装着後すぐUP!!答えはソコで!! 24『!!』

Mg!!  | 20070921

今日はたまたまあっちのBLOGもMgネタですが、 こっちもMg行きます!! Mg Mgってなんだ?って方もいらっしゃると思いますが、BBSのマグ鍛、RE-Mgでございます。 今回使用するサイズは、19-8.5-33のRE-025、19-9.5-24のRE-026 今回装着される車輌は、E46M3-CSL。 この車輌の場合、標準で19inchが装着されていますので、同じ19inchでも、このMgによる、軽量化の恩恵は想像以上です。 軽さにこだわり、専用の軽量バルブが付属されているんです。 18inchに比べ、19inchはBBSのトレードマークのディスク部分『Y』の足が長くデザインされています。 そしてMgのみの設定となります、ブルーの専用センターキャップも忘れてはいけませんね。 今回は、お客様の特別な事情により、なんとこのブルーのセンターキャップはサイナラしちゃいました!! コレもまた僕的にはレーシーでわりと有りだなとか思ったりして。 もったいなっ!!って方もいらっしゃると思いますが、今回は、このブルーのセンターキャップの穴を埋める代わりの物を用意。 代わりになるイケニエはといいますと。 鍛造WHEELについてくる、普通の黒にGOLDのキャップです。 コレにコレをドッキングして ちゃんと部番つきの純正パーツですよ。 それで、全部をキレイにフィッティングすると こうなるわけです。 両方を見比べてみると どっちもイケてます!! どうせなら、BMWも、ポルシェみたいにBBS(ワシマイヤー)に純正ホイルつくってもらって、このホイル標準にしちゃえばいいのに、ってくらいバッチリ。 コレにはエンブレムのクォリティーも関係していると思いますので純正を使いましょう。 CSL本国仕様のWHEELから履き替えても、充分軽量化が体感できると思うので、 M3のお客様皆さん是非!! そうそう、このBBS-Mgってどこでも買えるわけじゃないんですよ!! っということで、BBSご購入の際にはSUNBEAMで是非!! おいおいWHEELの写真はいっぱいアあるけど、肝心の装着写真は?って思われるのが普通ですが、 今日は大盛況いただいておりましたため、 撮り忘れちゃいました!!。。。orz

GET!! LM | 20070925

以前のエントリーでお話させていただいたLMの20inchを装着しました!! このWHEELを装着したのは、マイチェン後のBMW E60 530Msp Mspはもともと車高が下がっているため、若干キャンバーも少しネガになっていて、STDの車高よりもいくらかオフセットの強いWHEELも入ります。 がしかし、今度のWHEELは10J-20!! 組み合わせるタイヤによってはフェンダーも危ういこのサイズ、ツライチ加減はこんな感じ イケイケです!! E60から5シリーズもずいぶん大きくなったから、19inchでも標準か?なんて思っちゃうほど。 さすがに、こんな20inchのディープリムのキラッキラディスクを見りゃぁ、ヲォ~ってなります。 実際装着してみると、285/25/20なんてサイズをはいてても、Mspの18inch withランフラットに比べると、意外にバネ下の軽量化にもなるし、タイヤもしなやか~で、乗り心地は改善されるんです。 お客様のインプレによると、静か~で、しなやか~で、ゴツゴツ~もなくなって、Mspの18inch withランフラットよりはどこも改善されたようでした。 最近は快晴が続いてるのでまだウェットの性能と、磨耗が進んだときのパフォーマンスなんかも気になるところですね。後は慣らしが終わったあとのドライグリップですかねw このWHEELセットに加えて、ZZDのブレーキパッドGNを前後に装着して、Ateさんお得意の大量ダストをやっつけます。さらには制動力も上げてくれる万能パッドなのでおすすめです!! そしてビーム(SUNBEAM)でも当然STOCKしております、3Dデザインのナンバープレートボルト お店に寄ると、買う気はなかったのにサラッとお買い上げしていただけるお気軽価格の1980円。 あっ、それと先っちょがブラックのマックガード。純正ボルトと合わせて使えばホイルボルトは黒く統一感が出ます。 納車後700km、このお車はこんな感じで男を上げ、喜ぶご家族のもとへ帰るのでした。 リム、お大事にどうぞ!!

もうすぐFamilie!! | 20070929

昨日今日は、10月8日にあるBMW Familieの出展の準備のためビームはバタバタしています。 昨日はTOPLINEのスタッフと当日の展示車輌や試乗についての打ち合わせをし、 今日はこんな時間まで、イベントご来場者様のためだけにお出しできるマル秘のモノを製作してました。 コレは、絶対こイベントに来なきゃソンソンなことになるので、皆さん10月8日はFUJIへGOです!! 当日は、スタッフ総出で現場におりますので、是非!! Sorry NO phot!!